討鬼伝 プレイ日記4

討鬼伝 プレイ日記4

二章開始しました。

スクリーンショットを載せてますので、未プレイの方はご注意ください。

二章 つわもの、戦野に集う

二章が始まりました!

天狐とたわむれる少女

ある日、家を出るともふもふした生き物と遊ぶ女の子が!
天狐という生き物らしく、主人公は何やら懐かれた様子。

自宅で天狐を飼うことにした

おうちで飼うことになりました。

天狐のおつかい

天狐はフィールドへおつかいに行かせることができて、フィールドに落ちてるいろんなアイテムを拾ってきてくれます。
フィールドに落ちてるアイテム全部拾うというトロフィーがあって、天狐が拾ってきてくれたものでもOKなのでとっても助かります。
アップデート前は天狐が拾ってきたものはカウントされなかったとか。。

お賽銭 神木

お賽銭とか神木とか何かとお金(のようなもの。ゲーム内ではハクと呼ばれる)が必要な要素が多い中、天狐はノーコストでアイテム拾ってきてくれるのがいい!しかもかわいい!

ちなみにお賽銭はランダムで次回の任務中にスキルが発動、神木は手に入れたことのある素材をこちらもランダムでゲットできます。神木からしか手に入れられない素材もあるし、どちらもトロフィーに関わるので、お財布と相談しつつ貢いでいく感じで。。

富嶽と那木

新しい仲間

今まで別の任務で不在だったメンバーが戻ってきているから、一緒に任務に行ってこいと大和。
ちなみに最近新型の鬼に襲われる隊が続出しているみたいですよ。。「まさか出ないとは思うけど気を付けるように」と言われました。これは…出る気しかしない。。

疾風の狩人

任務のとこに、既になんかシルエット出てるっ!
そういえば、任務の受付をしてる女の子は大和の娘さんなんですよ。スクショ撮ってないかと探したけど、撮り忘れていました!

とりあえず現地でメンバーと合流。
富嶽と那木です。富嶽はぶっきらぼうな感じ、那木はおっとりお姉さんキャラって感じでしょうか。

小型の鬼を倒し終わったところに、大型の鬼が登場。
これが噂の新型の鬼みたいです。やみくもに襲撃してきてるわけではないのか、やるな。。

体験版だと大型鬼が登場したとこで終わりなんですよね。
戦いたかったら製品版買ってね☆みたいな。

帰還して、大和に報告。
疲弊したところを狙ってくるというのは今まではなかった動きなので、何か対策を講じたほうが良さそうという話に。

秋水

その話を聞いていた秋水。鬼の襲撃の増加はよくない傾向だとか何とか。
何か企んでる感を醸し出しています。あやしい。。

いろいろなお話

ミタマトーク

最初のミタマゲット以降も、ちょこちょこミタマを手に入れている主人公。
普通は1人につき1個のミタマという感じみたいですが、大和が言うにはミタマと呼び合う素質を持つ者がたまにおり、主人公もそうなのではないかとのこと。
その調子でどんどんミタマを取り戻すようにと言われました。了解です!(ミタマ全取得のトロフィーあるからね!)

ウタカタトーク

任務後に主人公の出身地の話から、中つ国の体制についての話になりました。
主人公はあずまの地という中つ国の外からやってきた設定なので、いろいろと知らないことが多く、ここでも那木が説明してくれました。
中央にモノノフの本拠地である霊山があり、その周りにウタカタや他の里が存在。複数の里による連合国体制をとっているようです。
霊山には巫女やモノノフの養成機関があることもあり、政治や文化の中心となっているとか。

もふもふしてた人

天狐をもふっていた人と再会したり。

空を飛ぶ鬼

富嶽には因縁のある鬼がいる様子。

下のボタンを押すと拍手送信&メッセージフォームが開きます。→WEB拍手お返事