討鬼伝 プレイ日記3

討鬼伝 プレイ日記3

一章クリアまで。
新しい仲間と初の大型鬼討伐。

スクリーンショットを載せてますので、未プレイの方はご注意ください。

大和と桜花

ウタカタの里はモノノフ不足のようです。

一章 金眼四ツ目の守り人

ここでタイトルがばばーん。
本格的にストーリーが始まります。

ウタカタのこと

大和から話を聞きます。
中つ国の防衛の要所の一つがウタカタの里であり、鬼との戦の最前線だそうです。中には既に滅びてしまった里もあるとか。。
モノノフは足りてないし、なかなか厳しい状況みたいです。

仲間が増えました

桜花は別の任務へ

そんな中、桜花は別の任務があるので、別の人と任務に行ってきてとのこと。

息吹と初穂

1人は最初のムービーにも出ていた息吹、もう1人は初穂です。
初穂は最近里にやってきたから主人公とは同期みたいなもの、と息吹。初穂的には主人公はライバルらしく、負けないんだからねっ!と対抗心むき出しです。
が、任務が終わる頃には「なかなかやるじゃない」と早くも認めてくれた様子。

初穂と任務へ

初穂の訴え

鬼の中にはたくさん魂を食べてパワーアップした大型鬼というのがいるらしく、その大型鬼を倒したいと里の頭領である大和に訴える初穂。
でも、半人前には無理とあっさり一蹴されてしまいます。

急速に仲良しに

大和に半人前同士で行動しろと言われたとのことで、鍛練も兼ねて任務に行ってみたり。

里のピンチ

が、うっかり大型の鬼に後をつけられて里がピンチ!
当初はベテランコンビである桜花と息吹が討伐に…という話でしたが、「半人前でも2人なら一人前だから、2人なら倒せる!」と初穂。「任せて!」と言いつつ、内心2人はちょっと心細いなーと思ってたら息吹も来てくれるとのこと。

ですよねー

いつの間にかめっちゃ仲良しな2人に驚く息吹。
うん、私もびっくりしてる。

ミフチを討て!

任務受領。
里の警備が桜花1人になるけど、そこは大丈夫なのか…。ホントに人手が足りてないんだなー…。
気になりつつ、大型鬼の討伐に向かいます。

大型鬼

鬼の目

大型の鬼は倒し方も小型の鬼とは違います。生命力の他に表層耐力というものが設定されていて、普通に攻撃しただけでは生命力にダメージを与えることができません。なのでまず部位破壊をして、鬼の生命力がむき出しの「マガツヒ」状態にしてその箇所に攻撃をすることにより生命力を削っていきます。ちなみにどこが破壊できるかや2つのHPゲージは鬼の目で確認可能です。
見たいときにぱぱっとHP確認できるのは便利だけど、めっちゃ攻撃したのに全然減ってないときとか結構がっくりきます。。
あと、部位破壊をしたら、その辺に破壊された部位がぽとっと落ちるので鬼祓いをしないと復活しちゃいます。鬼がその上でうろうろしてるとすごく邪魔です。。

討伐完了

討伐完了。
なんか極とは敵の動きが違うみたいで、今回の敵は回転攻撃の時間が短くて極より戦いやすい気がしました。

一人前のモノノフに

お墨付きもらいましたー!

下のボタンを押すと拍手送信&メッセージフォームが開きます。→WEB拍手お返事