円卓の生徒 The Eternal Legend プレイ日記17

円卓の生徒 The Eternal Legend プレイ日記17

転移魔法が使えないので、出口を求めてウロウロします。

ストーリーについて書いてます。未プレイの方はご注意ください。

バルハール大坑道 神暦層

ドラゴンから逃げるため、奈落に飛び下りた主人公達。
地上に戻るため、辺りを探索してみると昇降機がありました。
敵を倒さないと動かないパターン?と思ったけど、近くにあったレバーを倒すとあっさりスイッチオン。

さっそく乗り込んでみます。
足元に層の名前を刻んだタイルが並んでいて、行きたい層のパネルを踏むとその層へ移動できる仕組みのようです。
パネルは「聖暦」「魔暦」「神暦」の三枚で、今いるのは神暦層。
というか、数字で階層示してくれたら良かったのに。。
とりあえず、「魔暦」のパネルを踏んでみました。

バルハール大坑道 魔暦層

ミスリル玉を使って進んでいくと人影が。。
そこにいたのはモラミッタという魔物。
ドワーフ達をゾンビに変えたのはこの魔物だったようで戦闘に突入。

今回もいつも通りの戦い方で。
撃破したものの、戦いをやめるよう言い取引を持ちかけてくるモラミッタ。
元々ここでドワーフと共に魔法の道具の研究をしていたモラミッタは、水の苦手なドワーフに頼まれ、水中でも息のできる「海竜の空気袋」というアイテムを開発していたらしく、見逃してくれればそれを作ってくれるとのこと。
水中ダンジョンがあるってことかと思いつつ、作ってもらうことにしたものの「窒息しない肺」が三つ必要らしい。それ、手に入れる度に売りまくってたよー。。ということで、あとでまた来ることにします。

さらに奥へと進むと巨大なゴーレムの姿が。
バーゴもこれについてはよく知らないらしい。とどこからかバスクルの声が…!え、まだ成仏してないの?
鏡の守護者であるゴーレムを目覚めさせるためにお肉ポイントを制圧するよう言うバスクル。
お肉ポイントはちょうどいい餌を持ってなかったため、ほとんどスルーしてここまで来てるので、制圧は一度地上に戻ってからにします。

というか、そろそろ地上でセーブしたい。。
昇降機のところまで戻って、一番上の「聖暦」のパネルをぽち。

バルハール大坑道 聖暦層

めっちゃ近くに出口がある…。
ここに最初に来るのが正解だったのか。。

お金を預けて餌を補充してもっかい行きますよー。

バルハール大坑道 魔暦層

他の層のお肉ポイントを制圧して、再び魔暦層へ。
ここのお肉ポイントも制圧していきます。

制圧完了したことで動き出すゴーレム。
というわけでミスリルゴーレムとの戦闘に突入です。

多少攻撃が痛いなーという感じはありつつも、今回も一度で撃破。
主人公やバーゴの物理攻撃もちゃんと効いてるのがいいなー。

ゴーレムを倒すと、一枚の鏡に変化しました。どうやら転移の魔力がある鏡のようです。
バスクルの話によると、これを使ってドワーフの生き残りは逃げ延びたよう。
死んだ後も助けてくれたバスクルですが、やっと成仏できたみたいです。よかったよかった。

ミストアイル

鏡を抜けた先はまた坑道でしたが、すぐに出口を発見します。
冷たい風が吹き込んでくる出口を進むとなんか寒そうなところに出ました。

現れたドワーフに不審がられる主人公達。
ちょうどマァリンから連絡があり、円卓の騎士だと信じてもらうためにドワーフにロンドエールを案内することに。
わりとあっさり信じてくれたドワーフがバスクルが言っていた生き延びたドワーフ、ギルバロでした。普通にいい人っぽい。てっきりまた戦う羽目になるのかと思ってたよ。

ギルバロの話によると、リーアリスはエスリンの神殿に移されていて、エスリンの神殿は水中にあるため「海竜の空気袋」が必要だそう。

「海竜の空気袋」を作ってもらうために必要な「窒息しない肺」ですが、あと一個がなかなか手に入らなかったのでミストアイルの道具屋で買っちゃいました。
ついでに杖の欠片も一個売ってたので、ついでに購入。これで三個目かな。
さっそくモラミッタのところに行き、「海竜の空気袋」をゲット。
もうモラミッタに用はないので、「これはゾンビにされたドワーフの分っ!」と襲いかかったんですが、予想済みだったらしく逃げられてしまいました。。

で、このモラミッタなんですが、マイの旧主の仇であるらしく仇を討ちたいとクエスト発生。
逃げたモラミッタの居場所は折れた村正が教えてくれるらしいです。
モンスターに詳しいチュップによると暗くてじめじめしたとこにいるんじゃないか、とのこと。そういう場所このゲームはいっぱいあるよ?分かんないのでとりあえず放置。

放置中のクエストがもりもり増えてますが、次回は水中ダンジョンに行きます。

下のボタンを押すと拍手送信&メッセージフォームが開きます。→WEB拍手お返事