円卓の生徒 The Eternal Legend プレイ日記10

円卓の生徒 The Eternal Legend プレイ日記10

新たな地エセルガルドへ。
新しい仲間が続々登場。懐かしのあの人も出てきます。

ストーリーについて書いてます。未プレイの方はご注意ください。

永久なる城砦

イーンシリンと同じような祭壇があるということで、アーレンティールから南、マグムール砂漠の中央にそびえる城砦エセルガルドに向かいます。
すでに陥落しているエセルガルド。ミンツによると、最終的にはドラゴンが現れて全て焼き尽くしたとか。。

ロンドエールで移動中、また敵が出てくるのかとビクビクしたけど今回は出ませんでした。
エセルガルドに到着して早々、「斥候を買って出る」と飛び出していったポポログ。
城砦には不死の敵がいるらしく、対策が必要みたいです。
リーアリスは城砦の中央にある闘技場にありそうとのこと。

城への入口は砂に埋まっていない西側の正門と、ポポログが見つけてきた南の天井の穴の二ヶ所。
正門は見に行ってみたけど無理そうだったので、天井から入ることにします。
メンバーは前回の探索時と同じく主人公、バーゴ、ルーミ、ポポログ、ロロン、エルサ。

うおー、敵が強い。。
不死の敵対策しろって言われたのにほとんどしてないからか…!
後悔しつつ、戻るのも面倒なのでゴリゴリ進みます。

探索を始めて間もなく、城主の部屋を発見。
中から「妖精が逃げた」とか話しているのが聞こえます。物騒だなー。マァリンが新しい仲間がいるって言ってたし、次に仲間になるのは妖精かー。
と思いつつ、そーっと部屋に入ってみると、ヴァンパイアの王アルマデルが…!森でキマイラを狂わせたヴァンパイアの親分っぽいです。
魔王からこの城を任されたというわりには魔王に忠誠を誓ってる感じでもなさそう。
とりあえず今は戦う気はないそうなので、ほっとひと安心。

ちょっと進んでは城主の部屋を通り抜けて回復しに戻り、またちょっと進んでは戻るのを繰り返す一向。
そろそろアルマデルがブチ切れるかも…と不安になり始めた頃、着物に猫耳の人と遭遇。
この人も仲間だな。ここで一気に二人仲間になるのかなと思ってたら、突然襲い掛かってきたーーー!

人魂みたいな敵、オル=サーヴァントとの戦い。
連れ去り攻撃のせいでガタガタになりつつ辛勝。。
これから猫耳の人と戦うとか無理…と気を失い、倒れ込んでしまう猫耳の 人。

と、ここでひょっこりピロスが登場。
リッチか?と思ったけど、猫耳の人は魔軍に加わったネイという種族と教えてくれました。エラステといい、みんな物知りだなー。

ピロスがネイ族の人を運びだし、一度ロンドエールに戻ることに。
すぐに用事があるとかで去っていくピロス。

しばらくして目を覚ましたネイ族の人は、主人公の名前を呟くと爆弾を投げつけてきました…!
主人公の盾となって爆風に吹き飛ばされてしまうマァリン。。

気を失っていた主人公が意識を取り戻すと、今度はロンドエールに魔物が襲撃。
戻ってきたピロスも一緒に戦ってくれるみたいなのでさっそくパーティにイン。装備を外そうとしたけど外せませんでした。
なんやかんやで魔物は撃退したけど、マァリンは故障中でロンドエールは移動できない状態。魔物が襲ってきたのもマァリンが故障したことでロンドエールの機能が低下したかららしい。。

マァリンは機械人形なので、どう治療したらいいか分からないとロロン。
ただ目を覚ますのを待っているわけにもいかないので、ロンドエールの守備をピロスに任せて主人公達は再びリーアリスを探しに出掛けることになりました。
あ、ネイ族の人は起きると何するか分からなくて危ないので、ぐるぐると縛られてるみたいですよ。

下のボタンを押すと拍手送信&メッセージフォームが開きます。→WEB拍手お返事