Movable TypeとGoogle Analyticsを連携してみました

Movable TypeとGoogle Analyticsを連携してみました

Movable Type 6とGoogle Analyticsを連携させると、ダッシュボードにアクセス統計グラフを表示することができるみたいなので設定してみました。

サイト情報の[アクセス統計を設定する]をクリックするか、ページ上部のナビゲージョンから[システム]、ウェブサイトまたはブログを選択して、サイドメニューから[設定] - [Webサービス]を選択します。

設定画面へ

Google Developers Consoleでプロジェクトを作成する

「Google Analytics」の設定欄に表示された「Google Cloud Console」のリンクをクリックして、Googleのページへ移動します。

「Google Cloud Console」のリンクをクリック

「Google Developer Console」が表示されるので、「CREATE PROJECT」のボタンをクリックして新しいプロジェクトを作成します。

「CREATE PROJECT」のボタンをクリック

「New Project」というポップアップウィンドウが表示されるので、情報を入力します。

Project Name 任意の名前を入力(後で変更可能)
Project ID 任意の値を入力

情報を入力して、「I have read and agree to all Terms of Service for the Google Cloud Platform products.」にチェックを入れたら「Create」をクリックします。

情報を入力して「Create」をクリック

プロジェクトが作成されました。

プロジェクト作成完了

Analytics APIを有効にする

英語表示が不安だったので日本語表示にしました。
左メニューから「API と認証」をクリックします。

「API と認証」をクリック

右の一覧から「Analytics API」を探して、「ステータス」を「有効」に変更します。

「Analytics API」のステータスを有効にする

クライアントIDを作成する

左メニューから「認証情報」をクリックして、上部にある「新しいクライアント ID を作成」をクリックします。

「認証情報」の「新しいクライアント ID を作成」をクリック 「クライアント ID を作成」というポップアップウィンドウが表示されるので、情報を入力します。

アプリケーションの種類 ウェブ アプリケーション」を選択
承認済みの JAVASCRIPT 生成元 「承認済みのリダイレクトURI」に指定したURLのドメイン部分を入力
例) http://www.example.com/cgi-bin/mt/mt.cgi?__mode=ga_oauth2callback の場合は「http://www.example.com/」を指定
承認済みのリダイレクトURI Movable TypeのGoogle Analyticsの設定画面に表示されている 「Authorized URI」の内容をコピーして入力欄に貼り付ける

情報を入力したら「クライアント ID を作成」をクリックします。

情報を入力して「クライアント ID を作成」をクリック

入力された情報を元に、クライアントIDが生成されます。

クライアントID生成

Movable TypeでのGoogle Analyticsの設定

生成されたクライアントIDとクライアントシークレットを、Movable TypeのGoogle Analyticsの設定画面に入力します。

Client IDと Client secretを入力

設定で「 使用するGoogle Analyticsのプロファイル」の「Google Analyticsのプロファイルを選択する」のボタンをクリックすると、ポップアップウィンドウが開き Googleのアクセス許可確認画面(またはアカウント選択画面)が表示されます。

Googleのアクセス許可確認画面

アクセスの許可を行うとポップアップウィンドウが閉じて、プロフィール選択画面が表示されるので、プロフィールを選択して「OK」をクリックします。

プロフィール選択画面

「変更を保存」をクリックして設定を保存して完了です。

「変更を保存」をクリックで設定完了

参考サイト

Google Analytics の連携 : Movable Type 6 ドキュメント

下のボタンを押すと拍手送信&メッセージフォームが開きます。→WEB拍手お返事