抜糸をしました

抜糸をしました

20日に猫の去勢手術をしたのですが、30日が抜糸でした。

手術から抜糸まで

こういう予定のはずでした。

11/20(水)

手術

11/21(木)~24(日)

朝と晩に抗生物質(化膿止め)を飲ませる

11/30(土)

抜糸

下痢をしてしまいました…

手術後初めてした便は問題なかったものの、21日の晩は一部がゆるくなっていました。たまに軟便気味のことはあるので、いつものように「子猫だしまだ腸のバランスが整っていないんだろう」と気にしていませんでした。
22日の晩から本格的に下痢になりました。手術前から餌も変えていないし、手術翌日はここまでひどい下痢ではなかったことから考えると抗生物質が原因かもしれないと調べてみると、抗生物質が合わないと下痢をすることがあると分かりました。この時点(21日夜)で抗生物質は4回飲ませていました。あと4回分ありますが、できたら飲ませたくないなと思いました。
23日の朝、病院に薬を飲ませるのをやめていいか電話したのですが休診日でした。迷ったのですが23日の朝は抗生物質を飲ませました。
元気も食欲もあるのですが、下痢は続きました。化膿止めの抗生物質ということですが、見た感じ手術跡はきれいで問題なさそうに見えました。下痢が何日も続くほうが心配だったので、残りの抗生物質を飲ませるのはやめることにし、24日も病院は休診日だったので抗生物質を5回しか飲ませていないことは抜糸時に伝えることにしました。
24日の晩、まだ柔らかめではありますが形のある便をするようになりました。25日はまだ軟便気味でしたが、26日になるといつも通りの便に戻りました。

手術後は「嘔吐するかもしれないから気を付けて」とは言われていたのですが下痢については何も言われていなかったし、抗生物質が合わないと下痢をすることがあるという知識もなかったので投薬後の下痢にはかなり慌てました。家に来たばかりの頃、コクシジウムがお腹にいて下痢をしていたのをぴたっと止めてくれたのが抗生物質だったので飲ませるメリットにばかり目がいっていて、薬なんだから当然副作用もあるという点には気付いていませんでした。今回は元気もあったし食欲もあったので気持ち的にはかなり楽でしたが、これが下痢+ぐったり+食欲なしだと相当ツラかったと思います。

ちなみに薬を飲ませるのはすごく楽でした。
口を開けて薬を放り込んで…と思っていたのですが、最初に薬を飲ませる前に手のひらに薬を乗せて「これを飲んでもらうからね」と言ったところ、匂いを確認してぱくっと食べてしまいました。それからは餌の皿に薬だけをぽんと入れていました。実は薬じゃなくて、カリカリなんじゃないか…と思うくらいあっさり食べていて、もっとくれ!と催促もされました。
薬を餌と同じ棚に入れていたので餌の匂いがついていて、薬自体も苦いものではなかったのかなと思います。

抜糸当日

当日は私は休みが取れなかったので、家族に病院に連れていってもらいました。
フーッ!シャーッ!と威嚇しまくりで大変だったようですが、無事抜糸ができたそうです。抜糸時は麻酔はしませんでした。
途中で抗生物質を飲ませるのをやめたことを伝えると「弱めの抗生物質を出したんですけど合わなかったんですね。その対応で問題ないです」と言われたそうです。

毛繕い時に縫合糸を引っ張ってしまうのは慣れたらしなくなるかと思っていたのですが、結局抜糸するまでしていました。見かけたら叱ってやめさせていたのですが留守中などはどうしようもなく、最初1~2ミリだった糸が最後は2倍ほどになっていました。エリザベスカラーを着けるという方法もあったのかもしれませんが、首輪を着けることに慣れていない猫なのでストレスになるだろうし、糸を引っ張っていたことに対しては先生に何も言われなかったそうなので問題ないレベルだったのかなと思います。

去勢手術後も子猫用の餌でいいのかが気になって、家族に先生に質問するよう伝えていたのですが、うちの猫の場合、今の体重(4キロ)がベストの体重なので子猫用の餌はやめ、成猫用の餌に変えていいとのことでした。

やっと去勢手術が終わりました。簡単な手術と聞きますが、やっぱりいろいろと不安だったのでほっとしました。
次はワクチン接種まで病院に行かなくていいように、健康&体重管理をきちんとしていきたいです。

下のボタンを押すと拍手送信&メッセージフォームが開きます。→WEB拍手お返事