「Google Analytics」の登録と設置

「Google Analytics」の登録と設置

アクセス解析ツール「Google Analytics」を導入したので、登録から設置までのメモを書きました。

Google Analyticsにアクセスして登録作業をします。
「アカウントを作成」をクリック。

アカウントを作成

Googleへのログイン画面になるのでログイン。

お馴染みのログイン画面

「お申し込み」をクリック。

お申し込み

「Universal Analytics」は何だかややこしそうなので、とりあえず「標準のアナリティクス」を選択。

とりあえず「標準」

ウェブサイト名とウェブサイトのURLはアクセス解析を設置するサイトのもの。
業種は同業種のサイトとのアクセス比較に使われるみたいです。
レポートのタイムゾーンは「日本」にしておけば良さそう。

アカウント名は任意で良さそうなので、サイト名と同じにしました。
データ共有設定は必要なら後で設定を変更することにして、デフォルトのままで進めます。

「トラッキングIDを取得」をクリック。

ぱぱっと入力

利用規約が表示されるので、内容を確認後「同意する」をクリック。

利用規約に同意

登録完了。

完了しました

トラッキングコードが表示されるので、</head>前に貼り付ければ設置完了。

コピーして貼り付け

トラッキングコードが正しく設置されているかは、トラッキングコード取得画面で確認できます。
設置前は「トラッキングがインストールされていません」と表示されてます。

設置未確認の状態

設置後、「データを受信しています」と表示が変わりました。

設置完了

反映されるまではちょっと時間がかかります。
私の場合コード貼り付け直後から解析はされてましたが、「データを受信しています」の表示になるまでは2日ほどかかりました。

私はトラッキングコードを外部ファイルにしたかったので、以下の作業もしました。

トラッキングコードを外部ファイルにする

トラッキングコードの前後の<script>を削除してJSファイルとして保存。

  var _gaq = _gaq || [];
  _gaq.push(['_setAccount', 'UA-XXXXXXXX-X']);
  _gaq.push(['_trackPageview']);

  (function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
  })();

<head>内で読み込ませればOK。

<script type="text/javascript" src="/js/ga.js"></script>

参考サイト

Universal Analytics の設定 - アナリティクス ヘルプ

下のボタンを押すと拍手送信&メッセージフォームが開きます。→WEB拍手お返事